工事中

経済学方法論の多元性―歴史的視点から

只腰親和・佐々木憲介編

出版年月2018年6月

ISBNコード978-4-909560-25-4

本体価格  5,500円

A5判

縦380頁

​執筆者

只腰 親和 (序、第7章担当) 中央大学経済学部 教授

佐々木憲介 (第1章担当、第10章コメント) 北海道大学経済学研究院  教授
原谷 直樹 (第2章担当、第5章コメント)

                     群馬県立女子大学国際コミュニケーション学部  准教授
松本 哲人 (第3章担当、第7章コメント) 徳島文理大学短期大学部 講師
上宮 智之 (第4章担当、第8章コメント) 大阪経済大学経済学部 准教授
江頭  進 (第5章担当、第9章コメント) 小樽商科大学商学部 教授
久保  真 (第6章担当、第4章コメント) 関西学院大学経済学部 教授
廣瀬 弘毅 (第8章担当、第2章コメント) 福井県立大学経済学部 准教授
石田 教子 (第9章担当、第1章コメント) 日本大学経済学部 准教授
中澤 信彦 (第10 章担当、第6章コメント) 関西大学経済学部 教授

松井 名津 (第3章コメント) 松山大学経済学部 教授

内容

 本書は、経済学方法論という共通のテーマについて、経済学史のさまざまな時代の専門研究者がそれぞれの立場から課題に取り組んだ書物である。現に行われている実質的な経済学の基礎には何らかの方法論があるはずであるが、それは必ずしも明白ではなく、また著者本人も自覚しているわけではない。多くの場合に暗黙のうちに前提とされている方法論を解明すること、本書はまずもってこの課題に取り組んでいる。本書の各部は「哲学的」「自然科学的」「社会的」「実践的」という各次元で構成されているが、この分類は、経済学方法論の諸問題を整序するうえで、一つの有効な提案となるであろう。本書の執筆者が集う研究グループ「経済学方法論フォーラム」は2006年に立ち上げられ、その後10年以上にわたって継続して共同研究に携わっている。各論文は、それぞれ独立したものであると同時に、討論によって磨かれた成果でもある。

 

 

目次

序   

 

 第1 部 経済学方法論の哲学的次元

 

第1章 経済理論における因果関係と相互依存関係

―シュンペーターはどのように考えたのか                          

はじめに

第1節 『本質』と『発展』

第2節 経済発展論

第3節 景気循環論  

第4節 道具箱としての経済理論 

おわりに

 

第2章 存在論はなぜ経済学方法論の問題になるのか

―方法論の現代的展開

はじめに

第1節 経済学の存在論とは何か?

第2節 経済学における実在論の問題

第3節 経済学方法論における存在論

結 論

 

 第2 部 経済学方法論の自然科学的次元

第3章 宗教・哲学・経済学

―J・プリーストリーにおける自然哲学と道徳哲学 

はじめに

第1節 ユニテリアニズムと哲学的必然論

第2節 二つの哲学体系と知識の拡大

第3節 道徳哲学と哲学的必然論――国制論と経済論に着目して

結 論

 

第4章 数理経済学者たちの数学導入に対する認識

―ジェヴォンズ主義、マーシャル主義とエッジワース

はじめに

第1節 ジェヴォンズとマーシャルの数学導入構想

第2節 エッジワースの初期二著作にみられる数学導入

第3節 ジェヴォンズ、マーシャルのエッジワースへの反応

第4節 エッジワースは「マーシャル主義」となったのか

結語にかえて

 

第5章 経済学実験の位置付け 

はじめに

第1節 ポパーの批判の意味

第2節 経済学史上の理論と実在の距離

第3節 経済学における実験の現場

第4節 構成主義的理論構築と厚生経済学

まとめ 

 第3 部 経済学方法論の社会的次元

第6章 1830年代イギリス統計運動における経済学の方法的刷新

─経済学と統計学はどのような関係にあったのか── 

はじめに

第1節 イギリス科学振興協会1831―1833

第2節 アドルフ・ケトレ、ケンブリッジ、「社会力学」と経済学

第3節 統計部会設置(1833)──ケンブリッジのクーデター

結語にかえて

 

第7章 ウェイトリのカタラクティクスとスミス分業論の関連 

第1節 経済学史上におけるカタラクティクス

第2節 スミスの分業論的学問論とウェイトリ

第3節 ウェイクフィールド『国富論』註解とウェイトリ

第4節 ウェイトリ『講義』の分業論

第5節 ウェイトリにおけるカタラクティクスの方法論的意義

第6節 ウェイトリ経済学方法論の社会的背景

 

第8章 現代経済学における方法論的対立

―マクロ経済学を中心に―― 

はじめに

第1節 ケインズ反革命

第2節 二段階の革命

第3節 方法論の転換がもたらしたもの

結 語

 

 第4 部 経済学方法論の実践的次元

第9章 「経済人」という人間本性概念を乗り越える

―ヴェブレンの経済学リハビリテーション・プラン 

はじめに

第1節 経済学における人間本性の再考

第2節 人間の社会性と社会の動態性

第3節 経済のダイナミクスと歴史の相対性

第4節 因果関係認識を質的な範疇によって補完する

おわりに

 

第10章 政府の「なすべきこと」と「なすべからざること」

―ケインズはムーアとバークから何を学んだのか

はじめに

第1節 ケインズとムーア

第2節 ケインズとバーク――『バーク論』(1904)をめぐって

第3節 ケインズとバーク――『自由放任の終焉』(1926)をめぐって          

結びにかえて

あとがき

 

『日本占領期性売買 GHQ関係資料』

競走と結合

ア行

アジア外交 動と静  中江要介著・若月秀和ほか編集

アベノミクス下の地方経済と金融の役割

     内田真人・村本孜編著

アメリカ国際資金フローの新潮流  前田淳著

イギリス革命論の軌跡  岩井淳・大西晴樹編著

いまなぜ憲法改正国民投票法なのか 井口秀作ほか著

HSBC の挑戦  立脇和夫著

カ行

外国銀行と日本  立脇和夫著

拡大するイスラーム金融  糠谷英輝著

悲しきアメリカ−その真の様相 

​            ミシェル・フロケ著、 大井 孝・土屋元訳

カール・S・シャウプ財政資料  

    横浜国立大学カール・S・シャウプ・

    コレクション編集委員会編集

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第1巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第2巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第3巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第4巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第5巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第9巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第10巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第11巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第12巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第1巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第2巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第3巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第4巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第5巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第6巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第7巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第8巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第9巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第10巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第11巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第12巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第13巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第14巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第15巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第16巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第17巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関連資料第18巻

カンリフ委員会審議記録 第1巻 春井久志・森映雄訳

カンリフ委員会審議記録 第2巻 春井久志・森映雄訳

カンリフ委員会審議記録 第3巻 春井久志・森映雄訳

競争と結合  岡田与好著

銀行の罪と罰  野崎浩成著

グローバリゼーションと地域経済統合 村本孜監修

経営史の再構想

    フィリップ・スクラントン、

    パトリック・フリードンソン著、

    粕谷誠・矢後和彦訳

経済学方法論の多元性 只腰親和・佐々木憲介編著

元気な中小企業を育てる  村本孜  

現代工芸論  笹山央著・市川文江編

現代証券取引の基礎知識   

    国際通貨研究所糠谷英輝編、

    糠谷英輝・佐藤信・高力渉著

現代世界と宗教の課題  星川啓慈ほか著

国際決済銀行の20世紀  矢後和彦著

国際通貨制度論考  島崎久弥著

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録全11巻

    荒敬・内海愛子・林博史監修 

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第1巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第2巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第3巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第4巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第5巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第6巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第7巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第8巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第9巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第10巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第11巻

この戦いはわたしたちの戦いだ  

    エリザベス・ウォーレン著、大橋陽訳

サ行

サウンドマネー BISとIMFを築いた男カール・ヤコブソン

サウエリン・E・ヤコブソン著、吉國眞一・矢後和彦監訳

サブプライム金融危機と国家市場経済 坂本 正、詹 向阳著 

​システム危機の歴史的位相  矢後和彦編

戦時下の日本犬  川西玲

タ行

多国籍金融機関のリテール戦略  長嶋芳枝著

地域の遺伝子をみがく  内山節ほか著

中小企業金融支援・政策システム    

    村本孜著

ナ行

日中外交の証言  中江要介著 

日本財政を斬る  米沢潤一著

日本占領期性売買関係GHQ資料全9巻  林博史監修 

日本茶の近代史  粟倉大輔著

日本預金保険制度の経済学  大塚茂晃著

ハ行

発展途上国の通貨統合  木村秀史著

バ―ゼルプロセス   渡辺訓著

ハラル製品 対応マニュアル  並河良一著

米国経済白書2014  萩原伸次郎監修

米国経済白書2015  萩原伸次郎監修

米国経済白書2016  萩原伸次郎監修

米国経済白書2017  萩原伸次郎監修

マ行

木版画万葉秀歌  宇治敏彦絵・著

ヤ行

揺れ動くユーロ 吉國眞一・小川英治・春井久志編著

ユーロと国際通貨システム 田中素香・藤田誠一編著

ラ行

両大戦間期の日本農業政策史 平賀明彦著

​米国経済白書

現代証券の基礎知識

ハラル製品

ハラル製品書影.jpg

経営史の再構想

経営史の再構想

現代工芸論

© 2018 Sotensha Publishing Company

蒼天社出版 101-0051 千代田区神田神保町3丁目25-11 喜助九段ビル TEL 03-6272-5911 FAX 03-6272-5912