戦時下の日本犬 カバー正面HP用 .jpg
1/0

工事中

戦時下の日本犬

川西玲子著

ISBNコード978-4-909560-23-0

本体価格2,800円

四六判・並製

頁数・縦240頁

著者紹介

 著述家。1980年、中央大学大学院法学研究科修士課程修了。元東京学芸大学非常勤講師。執筆テーマは「生活目線の近現代史」。主要著書『歴史を知ればもっと面白い韓国映画』(ランダムハウス講談社、2006年)、『映画が語る昭和史』(ランダムハウス講談社、2008年)、『戦前外地の高校野球 台湾・朝鮮・満洲に花開いた球児たちの夢』(彩流社、2014年) 

内容

 明治維新後の洋犬流入によって、日本列島で暮らしてきた犬は絶滅の危機に瀕した。それを救うために保存活動が広がり、洋犬に対する日本犬という名称が誕生したのである。しかし、その困難な活動は戦争に向かう時代と重なる運命にあり、国家総動員体制下で、飼い犬まで集めて撲殺するという供出運動に発展していった。そこに追い打ちをかけて「シェパードに負けない軍用犬にしよう」という軍用日本犬論も台頭してきたのである。

 本書は、犬に降りかかった過酷な運命と、日本犬を守り抜こうとした人々の苦悩を関係者の証言をもとに書き下ろしたものである。

目次

序 章 犬を供出せよ

第一章 時代と併走して日本犬保存活動始まる 

第二章 日本犬、第一回軍用犬耐久試験で大奮闘 

第三章 日中全面戦争開始 軍用日本犬論の台 

第四章 帝国議会に登場した犬猫不要論 

第五章 犬と飼い主に対して強まる圧力 

第六章 日本犬保存会、無念の活動停止 

第七章 犬を守ろうとした人々の苦闘 

終 章 日本犬、焼け跡から復活

 

詳細目次

序章 犬を供出せよ

・「マヤの一生」

・マヤは太い棒の一撃で息絶えた

・犬を供出せよ

・殺す側にいた人々

・天然記念物の肩書きも無意味に

 

第一章 時代と併走して日本犬保存活動始まる 

・斉藤弘吉、日本犬保存会を旗揚げ

・日本犬保存会に集った人々

・東日本第一の秘境「三面村見聞記」

・会員たちの努力と情熱

・次々に天然記念物に指定

・日本主義の高まり

・日本美の再発見

・純血を守るということ

・人間と犬の関係は後戻りできない

・日本犬保存活動の先見性

・帝国軍用犬協会、発足

・日本シェパード犬協会にかかった圧力

・帝国軍用犬協会の内部事情

・軍犬報国派が富裕層を追放

・飛躍する日本の畜犬界

・「いとしや老犬物語」忠犬ハチ公、世に出る

・フィラリア研究会創立

・日本犬保存会、ハチ公の銅像を建てる

・除幕式

・天皇機関説が排撃される中、ハチ公死す

・剥製にするため科学博物館へ

・ハチ公、教科書に載る

・忠犬否定説

・ハチ公への中傷に怒る木村泰治

・ハチ公が生きた時代

・寺田寅彦のハチ公論

・第二章 日本犬、第一回軍用犬耐久試験で大奮

・不況の影響を受けなかった知識層

・ドイツでシェパードの父が追放される

・第一回軍用犬耐久試験に参加

・中山競馬場に詰めかける観衆とマスコミ

・不調の中、「日本犬の名折れ」と強行出場

・少なかった軍用犬の参加

・日本犬、健闘を称えられる

・関東月例研究会「欧州犬界見たまま」

・中国から軍犬班の責任者が来日

・日本犬を警察犬に

・二度も飼い主を救った忠犬タマ

・泉茂家、日本犬保存会大館支部を結成

・秋田犬、初めてイギリスに渡る

 

第三章 日中全面戦争開始 軍用日本犬論の台

・日中全面戦争開始

・斎藤弘吉、調査のため朝鮮半島へ

・日本犬を軍用犬に

・軍用犬登用の障壁、一代一主論

・畜税犬廃止論と三河犬の浸透

・戦場をさまよう犬たち

・死の街、南京に響く遠吠え

・現場でみた軍犬と主人を失った飼い犬

・連載「私と犬」に見る会員たちの横顔

・皇国日本を支えた地域の名士

・珍しい女性会員

・帝国軍用犬協会支部長も兼任 

・三河犬を評価する会員も

・日本犬はいい猟犬 

・無二の友だち

・悪徳業者の存在

・国粋主義に染まっている会員

・十代の会員

・大切なクマ号を盗まれる  

・配属将校という立場

・ハチ公人気の影響

・多頭飼いする会員

・職業は様々、洋犬の飼育者も

・国家総動員法施行

・『動物文学』と検閲

・秋田犬、北支那派遣軍に献納

 

第四章 帝国議会に登場した犬猫不要論 

・献納秋田犬の現実

・使役犬としての日本犬

・日本犬は家畜化されてこなかった

・会報に「戦線頼り」登場

・日本における犬皮利用

・犬の肉も食べられた

・軍と犬皮

・商工省、皮革を統制下に置く

・柳田国男の秋田犬 

・日本犬をそのままで軍用犬に

・外地に行った理事たちの近況報告 

・皇紀二六〇〇年、犬猫不要論の登場

 ・畑陸軍大臣、人道会から表彰される

・皮革不足という素地に節米運動が加わる

・犬猫不要論への反論

・平島藤寿の主張

・畜犬廃止論を駁す

・紙不足で会報から表紙が消滅

・軍用日本犬論の過激化

・親軍派の台頭

・産地別の特色にこだわらず日本犬として改良を

・合理主義だけでは割り切れない心情

・意外に多様な意見を持っていた戦前の日本人

・「本会の使命並びに事業と日本犬の将来」

・心配する外地の会員たち

・日本犬保存活動の自己否定へ

・紀州犬界の苦難

・防げなかった悲劇 

・小竹の鉄号

・北海道犬は日本犬か

・北海道犬関係者の怒り

 

第五章 犬と飼い主に対して強まる圧力

・犬肉、食用として公式に認められる

・飼育者の辛い心情

・犬を手放しはじめた会員たち

・通信販売による被害、平島の覚悟

・いよいよ強まる駄犬撲滅の声

・平島藤寿の真可号、ハルビンへ

・「保存こそが我らの使命」

・犬の代用食をつくる

・漫然と無自覚に犬を飼うことは許されない

・人気マンガ「のらくろ」連載中止

・軍用犬をめぐって続く議論

・軍用犬は役に立つのか

・「日本犬を皇国のお役に立てましょう

・犬界の新体制

・輓曳犬の育成

・ドイツから出陳依頼

・痩せ細る会報『日本犬』

・悲壮感を帯びていく編集後記

・人手不足で印刷所も休業

・軍用犬関係三団体の合併

・合併交渉と斎藤弘吉

・犬界の挙国一致体制

・日本犬保存会の生き残り策?

・「他の犬種団体は何をしているのか」

・犬肉、食用として公式に認められる

・飼育者の辛い心情

・犬を手放しはじめた会員たち

・通信販売による被害、平島の覚悟

・いよいよ強まる駄犬撲滅の声

・平島藤寿の真可号、ハルビンへ

・「保存こそが我らの使命」

・犬の代用食をつくる

・漫然と無自覚に犬を飼うことは許されない

・人気マンガ「のらくろ」連載中止

・軍用犬をめぐって続く議論

・軍用犬は役に立つのか

・「日本犬を皇国のお役に立てましょう

・犬界の新体制

・輓曳犬の育成

・ドイツから出陳依頼

・痩せ細る会報『日本犬』

・悲壮感を帯びていく編集後記

・人手不足で印刷所も休業

・軍用犬関係三団体の合併

・合併交渉と斎藤弘吉

・犬界の挙国一致体制

・日本犬保存会の生き残り策?

・「他の犬種団体は何をしているのか」

 

第六章 日本犬保存会、無念の活動停止

・第一〇回本部展の日に太平洋戦争開始

・ミッドウェー海戦で早くも戦局が悪化

・奮闘する『犬の研究』

・会員の嘆き

・飼料不足を工夫と努力で乗り切る

・戦地便りが唯一の読み物

・北満とビルマより

・編集後記、悲痛な調子に

・獣医師、朝倉四男児父子の戦争体験

・動物愛護に関する重要な座談会

・日本人は安楽死を好まない

・日本人は優しいのか残酷なのか

・戦前最後の展覧会

・国家総動員体制の中の動物園

・帝国軍用犬協会も活動停止

・このままでは一巻の終わり

・なし崩し的に始まった犬の供出

・北海道の事例

・公報で国民精神総動員を訴える

・「野畜犬 進んで奉公 さあ! 今だ!」

・北海道における供出の特徴―猫も供出、輓曳犬は除く

・読み終わるのに三〇分とかからなくなった会報『日本犬』

・窃盗で大切な犬を失う

・犬の撲殺に対する石川忠義理事の鋭い批判

・犬の撲殺は所有権の侵害

・戦前日本犬保存会の高い知的水準を示す

・戦前最後の会報

・紀州犬界、天然記念物指定犬の保護を嘆願

・日本主義に基づく平岩米吉の家庭犬擁護論

・『動物文学』も休刊 

 

第七章 犬を守ろうとした人々の苦闘 

・ハチ公像に白襷がかけられる

・ハチ公は軍国主義の象徴か

・ハチ公の物語がもたらす豊かさ

・最後のところで軍国主義と相容れなかった日本主義

・犬版大東亜共栄圏構想

・「一切の畜犬はあげて献納もしくは供出」

・強制ではなく献納「運動」

・空気の支配と忖度

・おもちゃ犬を飼うのは非国民

・消えていく飼育者、野犬化する犬たち

・長春号の血を受け継ぐ、ただ一頭の雄犬

・古城九州男、香川の会員たちに八頭の飼育を委託

・松風号、奇跡的に生き残る

・明日をも知れぬ苛烈な情勢下で交配を断行

・紀州犬関係者、「獣猟報国団」を結成

・柴犬を飼育していた中城龍雄と憲兵との会話

・猪型甲斐犬の悲劇

・最大の被害をこうむった秋田犬

・大切に育てた犬の首を吊る

・苛烈な時代を生き抜いた秋田犬、守った人々

・戦争を生き抜いた一ノ関系の犬

・秋田犬を飼いつづけた警察官

・健ハル母さんからの聞き書き

・らいのははさんが聞いた甲斐犬の供出

・『戦争中の暮しの記録』より

・猟師が撃ち殺し、その肉で酒盛り

・利口で有名な犬、コロの最期

・人目を忍んで飼い続ける

・創立時の理事、小松真一の戦争体験 

・戦場で与えられた究極の使命、犬の特攻隊構想

 

終章 日本犬、焼け跡から復活

・シェパードはいても日本犬はいない

・ハチ公像、再建

・GHQの後押し

・在日米軍兵士が秋田犬に注目

・日本犬保存会、活動再開

・軍用日本犬論を振り返る

・日本犬は鑑賞犬だ

・日本犬はどうあるべきか

・一番人気、柴犬に迫る危機

・グローバル化と日本らしさの追求

『日本占領期性売買 GHQ関係資料』

ア行

アジア外交 動と静  中江要介著・若月秀和ほか編集

アベノミクス下の地方経済と金融の役割

     内田真人・村本孜編著

アメリカ国際資金フローの新潮流  前田淳著

イギリス革命論の軌跡  岩井淳・大西晴樹編著

いまなぜ憲法改正国民投票法なのか 井口秀作ほか著

HSBC の挑戦  立脇和夫著

カ行

外国銀行と日本  立脇和夫著

拡大するイスラーム金融  糠谷英輝著

悲しきアメリカ−その真の様相 

​            ミシェル・フロケ著、 大井 孝・土屋元訳

カール・S・シャウプ財政資料  

    横浜国立大学カール・S・シャウプ・

    コレクション編集委員会編集

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第1巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第2巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第3巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第4巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第5巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第9巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第10巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第11巻

カール・S・シャウプ財政資料 日本関係資料第12巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第1巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第2巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第3巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第4巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第5巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第6巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第7巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第8巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第9巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第10巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第11巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第12巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第13巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第14巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第15巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第16巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関係資料第17巻

カール・S・シャウプ財政資料 米国関連資料第18巻

カンリフ委員会審議記録 第1巻 春井久志・森映雄訳

カンリフ委員会審議記録 第2巻 春井久志・森映雄訳

カンリフ委員会審議記録 第3巻 春井久志・森映雄訳

競争と結合  岡田与好著

銀行の罪と罰  野崎浩成著

グローバリゼーションと地域経済統合 村本孜監修

経営史の再構想

    フィリップ・スクラントン、

    パトリック・フリードンソン著、

    粕谷誠・矢後和彦訳

経済学方法論の多元性 只腰親和・佐々木憲介編著

元気な中小企業を育てる  村本孜  

現代工芸論  笹山央著・市川文江編

現代証券取引の基礎知識   

    国際通貨研究所糠谷英輝編、

    糠谷英輝・佐藤信・高力渉著

現代世界と宗教の課題  星川啓慈ほか著

国際決済銀行の20世紀  矢後和彦著

国際通貨制度論考  島崎久弥著

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録全11巻

    荒敬・内海愛子・林博史監修 

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第1巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第2巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第3巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第4巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第5巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第6巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第7巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第8巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第9巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第10巻

国立国会図書館所蔵GHQ/SCAP文書目録 第11巻

この戦いはわたしたちの戦いだ  

    エリザベス・ウォーレン著、大橋陽訳

サ行

サウンドマネー BISとIMFを築いた男カール・ヤコブソン

サウエリン・E・ヤコブソン著、吉國眞一・矢後和彦監訳

サブプライム金融危機と国家市場経済 坂本 正、詹 向阳著 

​システム危機の歴史的位相  矢後和彦編

戦時下の日本犬  川西玲

タ行

多国籍金融機関のリテール戦略  長嶋芳枝著

地域の遺伝子をみがく  内山節ほか著

中小企業金融支援・政策システム    

    村本孜著

ナ行

日中外交の証言  中江要介著 

日本財政を斬る  米沢潤一著

日本占領期性売買関係GHQ資料全9巻  林博史監修 

日本茶の近代史  粟倉大輔著

日本預金保険制度の経済学  大塚茂晃著

ハ行

発展途上国の通貨統合  木村秀史著

バ―ゼルプロセス   渡辺訓著

ハラル製品 対応マニュアル  並河良一著

米国経済白書2014  萩原伸次郎監修

米国経済白書2015  萩原伸次郎監修

米国経済白書2016  萩原伸次郎監修

米国経済白書2017  萩原伸次郎監修

マ行

木版画万葉秀歌  宇治敏彦絵・著

ヤ行

揺れ動くユーロ 吉國眞一・小川英治・春井久志編著

ユーロと国際通貨システム 田中素香・藤田誠一編著

ラ行

両大戦間期の日本農業政策史 平賀明彦著

​米国経済白書

現代証券の基礎知識

ハラル製品

ハラル製品書影.jpg

経営史の再構想

経営史の再構想

現代工芸論

© 2018 Sotensha Publishing Company

蒼天社出版 101-0051 千代田区神田神保町3丁目25-11 喜助九段ビル TEL 03-6272-5911 FAX 03-6272-5912